インテリアだけでなく照明にもこだわりを

インテリアガイド.net

インテリアガイド.net トップ > インテリアと照明

インテリアを格上げする照明

部屋の照明を工夫する

インテリアコーディネートに凝りだすと気になってくるのが、部屋を燦々と照らす全体照明です。アパートやマンションなどでおなじみのシーリングライトは、スイッチ一つで部屋全体を明るくしてくれる便利なアイテムですが、陰影の無い均一な光や無機質なデザインが、コーディネートの幅を狭めてしまいます。しかし、天井直付けのシーリングライトを取り替えるのは、結構骨のいる作業で、結局、照明だけ入居当時のままになっている人は多いのではないでしょうか。
そこで、お勧めなのが照明カバーだけを変えてみるというものです。同じ全体照明でも、カバーを替えるだけで光の量や色、陰影などを調節することができ、配線等を変える必要が無いので、誰でも気軽に変えることができます。お気に入りの布地を使ったり、影絵のようなパターンが出来るカバーを自作してみてもいいかもしれません。ただし、金属部分に接触させたりしないように注意が必要です。

持ち運べるあかりで間接照明

雰囲気のある部屋作りのために、間接照明を取り入れたいと思っている人も多いのではないでしょうか。間接照明の面白さを体験する上でも、取入れやすさの面でもお勧めなのが「持ち運べるあかり」を使った照明テクニックです。様々なシーンに応じて、置く場所を変えることが出来る「持ち運べるあかり」は、間接照明のメリットを最大限生かしたインテリアアイテムです。
テーブルの上に置けば、キャンドル代わりに食卓を演出するアイテムになりますし、お気に入りのディスプレイを照らすスポットライトにすることも出来ます。

持ち運べるあかりには下記のようなものがあります。

無印良品 持ち運びできるあかり

「持ち運べるあかり」という言葉が一般的になった最初のアイテムといえます。

Candela AQUA(キャンデラ・アクア)

インテリア好きの方には結構有名な「Vessel」社のポータブルランプセット。カラーが異なる4本のライトの組み合わせが、いろいろとコーディネートの幅を広げそうなアイテムです。

luau(ルアウ)

こちらも「Vessel」社デザインのポータブルランプ。日本の提灯をヒントにデザインされています。

Sun&Moon Jar

アウトドアに最適なソーラー充電式のボトル型ランプ。太陽の下に置いておくことで自動的に充電を行い、暗くなると自動的に照明が点くという便利アイテムです。

Lumino+

キャンドルのように揺れる灯りに浮かび上がる「北欧の森」と「果樹園」の美しい模様。お気に入りの1本を持っているといいかもしれません。

たまにはいつも使っている照明を消して「持ち運べるあかり」だけで落ち着いた雰囲気を楽しむのも、趣があります。

証明の便利グッズ

照明に凝ってみたいと考えている人が、躊躇してしまう原因の一つが、個々の照明を付けたり消したりするのが面倒臭いというものです。1つの部屋にフロアスタンド、テーブルランプ、置き照明などを複数配置すると、必要な時にわざわざそれぞれの照明を1つずつつけて回らなければならず、非常に手間になってしまいます。そこでお勧めなのが“赤外線リモコン付きコンセント”です。これはコンセントに赤外線センサーが付いており、付属のリモコンで、そのコンセントに接続されている機器の電源管理をまとめて行える優れモノです。これさえあれば、外から帰ってきたときにスイッチ一つで部屋の照明全てを付けることが可能ですし、寝るときなどにベッドから一斉に消灯することも可能です。他にも様々な用途が考えられるので、是非試してみてください。