インテリアに重要なベース、メイン、アクセントの3つの色

インテリアガイド.net

インテリアガイド.net トップ > インテリアの3つの基本カラー

3つの基本カラーでインテリアが決まる。

インテリアにおける色の基本は「ベースカラー」「メインカラー」「アクセントカラー」の3種類でまとめるとスッキリします。この色彩計画を立てる上では、部屋全体の構造も考慮する必要があります。窓が少なかったり小さかったりする場合、部屋全体に明るさが足りないので暗めの色をベースカラーにしてしまうと部屋全体が狭く見えてしまいます。

また照明にも気を遣いましょう。白熱電球の赤みがかった色は暖色系の色をあざやかに、蛍光灯の青みを帯びた色は寒色系の色をきれいに見せる効果があるなど、色彩計画を立てるには綿密な計画が必要となります。

ベースカラー

ベースカラーとは、部屋の大半の部分を占める色のことを指し、基調色とも言います。このベースカラーは基本的なインテリアデザインの中心的な色で、床、壁、天井などの内装材がこれに当たります。

一般的な住宅をベースに考えると面積は約70%程度となるでしょう。基本的にはアイボリー、ベージュが壁や天井、床は茶系の色でまとめるのが無難といえそうです。落ち着いた雰囲気にしたいのであれば、壁をやや暗めの色にしてもよいでしょう。

メインカラー

メインカラーはそれぞれの部屋のテーマカラーとなる色で面積配分は25%程度となります。基本的にはあなたが最も好きな色を選ぶとよいでしょう。ソファ、カーテンなどにメインカラーを配分します。

アクセントカラー

アクセントカラーはインテリアのポイント、空間をピリッと引き締める色合いです。クッションや壁に掛ける絵などがこれにあたります。面積配分は5% 程度となります。

アクセントカラーはその名前の通りアクセントになる必要がありますので、メリハリがでるように鮮やかで強い色を選ぶとよいでしょう。