インテリアと片付けや掃除の習慣化

インテリアガイド.net

インテリアガイド.net トップ > インテリアと片付け

インテリアを活かす片付け、掃除

使ったものはすぐ片付ける

部屋が散らかってしまう大きな原因の一つが「使ったものを片付けない」ことです。またすぐに使うかもしれないから、といった気持ちで何気なく机やテーブル・床などの上に置きっぱなしになってしまったものが積み重なって、ゴチャゴチャした部屋が出来上がってしまいます。そうならないために、一つのことが終わったら使ったものを元の場所に戻すことを続けていく姿勢が大事です。また明日も使うものであっても、今日の作業が終わったらひとまず片付けます。使っていない机やテーブルは、その上にほとんど何も無い状態を保つというのが、一つの理想です。

どうしてもちょっとしたものを置く場所が欲しい場合は、あらかじめそういった一時的なものを置く「とりあえず置き場」を作り、そこ以外には置かないようにするようにするといいでしょう。

必要な時に必要なものを持ってきて、使ったら元の場所にしまう。当たり前のことですが、インテリアの上ではとても重要なポイントです。

掃除を習慣化する

掃除が嫌いだったり、苦手だったりする人はとても多いかと思いますが、何ヶ月・何週間に一度まとめてやるよりも、毎日少しずつ気になったところを軽く綺麗にすることを続けるほうが、かかる手間も少なくて済み、常にスッキリとした部屋を保つことができます。気分転換にクイックルワイパーやスティック型クリーナーなどで簡単に床を掃除したり、勉強や仕事の前や後に机の上を片付けて簡単に乾拭きするだけでも、充分に効果があります。あまり「やらなければ」、と意識せずに、少しずつでもいいので毎日続けていくことで、次第に習慣化し、無意識のうちに生活の中に掃除が取り入れられていくのが理想です。

部屋をリセットする

部屋をリセットするには、まず、いま部屋にあるものを「いるもの」と「いらないもの」に分けましょう。部屋を整理整頓するだけでも、それなりのスペースが出来るかと思いますが、使わないものをずっと置いておいても仕方がありません。今後もまず使わないと思えるようなモノは、この機会に処分してしまいます。

処分と言っても、出来る限りリサイクルショップやオークションなどで売ったり、誰か欲しい人を探して譲ったりするなど、なるべくゴミを増やさないように心がけることも重要です。