インテリアの基本はバランス

インテリアガイド.net

インテリアガイド.net トップ > インテリアの基本

インテリアの目的と基本事項

インテリアの各要素のバランスを整える

インテリアデザイン(インテリアコーディネート)の目的は部屋における全ての要素(家具や建材、小物、雑貨など)について調和を図ることにあります。一つの部屋に個性的なアイテムをたくさん置いたり、共通性のない照明器具や家具などを組み合わせてしまうと、それぞれのアイテムはスタイリッシュであっても、ちぐはぐな印象となってしまいます。

インテリアデザインを考える場合には「質感」を統一させることも重要です。質感とは、やわらかい、硬い、暖かい、冷たいといった各要素が持つ表情の事です。例えば白いカーテンであってもツヤがあるものとツヤが無いものでは雰囲気が違ってきます。

デザインのみにこだわるのではなく、質感についても考えていきましょう。

各インテリアアイテムのメンテナンスを考える

インテリアデザインに用いる各家具や雑貨、アイテムについてはメンテナンス性についても考慮する必要があります。例えば、白でまとめたインテリアは人気の高いデザインですが、あまり掃除に時間が取れない家庭や小さな子供がいる家庭でそのデザインを選択してしまうと大変です。汚れが目立ちやすい白を基本カラーとしてしまうと、その分メンテナンスに時間をとることができるというのが前提となります。それでも白を基本カラーに纏めたいという場合は、掃除や選択がしやすいカバーが取り外せたり、選択したりできるタイプのものを選択するようにしましょう。

また、折角のインテリアデザインも掃除が行き届いてこそキレイに見えるものです。家具の配置などは掃除機の通り道など掃除のしやすさも重視しましょう。混み入った家具の配置は避けて、平面で見てもシンプルなレイアウトにするようにしましょう。

インテリアデザインは長期計画で

インテリアに凝ると高価なデザイン性のある家具で統一したくなりますが、それにはどうしてもお金がかかってしまいます。しかし、予算が少ない=安物で妥協してしまい、中途半端なものに囲まれて、すぐに買い換えるのであれば安物買いの銭失いになりかねません。

予算が限定される中でインテリアコーディネートをするのであれば、2年や3年後をゴールに優先順位の高い順にインテリアを揃えていきましょう。

スクラップのすすめ

素敵なインテリアにしたい気持ちはあるものの、具体的にどうしたいのかわからないという場合には、まずスクラップをしてみると良いでしょう。雑誌や通販カタログの中から、好きだと思うインテリアを選び、それに順位をつけていきます。

好きな部屋を選んだら、なぜその部屋が好きなのか・気に入らない点は何なのかを書き出していきます。
1番の部屋を好きな点:木のベッド、白いベッドカバー、フローリング
2番の部屋を好きな点:木のベッド、赤いカーテン、雑貨

上記のように理由を挙げていくと、違う部屋でも同じ理由が出てきたりします。それらをまとめると、どのような点を参考にすればよいかが見えてきます。
特にインテリアのスタイルにこだわる必要はなく、全体の統一感が取れていれば素敵な部屋を作ることができるでしょう。